シティファイナンスのキャッシングと金利計算の必要性

キャッシングを利用するときに支払わなければならない料金が利息で、この利息については金利によって算出されます。金利は契約をする時点で取り決める場合もありますし、市場の動向によって変化する場合もあります。ですから、どれくらいの金利で借りることができるのかを把握しておく必要があるのです。
例えば、シティファイナンスでキャッシングを利用するときには、契約のときに金利を決めることになります。シティファイナンスが怪しい会社だというわけではありませんが、契約をしている金利どおりに利息が計算されているのかどうかを確認することは重要なことだと考えられます。消費者金融の在籍確認、そのためには、キャッシングの金利計算について知っておくことは必要でしょう。
キャッシングの金利計算は割合の知識があれば簡単にできるのですが、手計算でするよりもいろいろなサービスを利用したほうが楽です。ウェブサイトで提供されている金利計算のサービスを利用して確認するのが良いです。

コメントは受け付けていません。

ゆとり教育が生んだのか?

さてこの時期に新入社員を迎えた当社。

スキルゼロ。
当業界は初めて。

となるといくら中途採用とはいっても
謙虚な気持ちで仕事に向き合って欲しいものです。

昭和の厳しいスパルタ教育で成長した私にとって
ゆとり教育の「被害」は想像を絶します。

スキルゼロなら頑張って勉強して
早く私たちと同じように仕事ができるようになりたい
と思うことは当然のこと。

でも何故でしょう?

最初から自分はできると思い込んでいる恐ろしい態度…。

教えてやらせて間違っているから注意すると
「なんか文句あるんですか?」
という態度で迫ってくる。

日本は間違った道をたどってしまったようです。

当部署には「ゆとりの残党」が2人おります。
ひとりは前述の新入社員。
もうひとりは業界歴1年の社員。

その業界歴1年の社員の成長率はマイナス。
教えても教えても理解せず、
「自分、何も悪くないっすから」
という態度を取り続けて早1年。
この業界でやっていくならその態度は改めないといけない
という話をしたにもかかわらず、

「そうっすよね。ところで自分、もっと給料ほしいんですけど」

…意識喪失しました…

これが日本政府、文部科学省が推し進めた
「ゆとり教育」の行く末ですか。

他部署にも「ゆとり」の残党がおりますが、
そこでも手を焼いていると聞いています。
自分が身を置く業界だけではなく
他の業界も被害を受けているのではないかと思うと
今後の日本がとても心配です。

コメントは受け付けていません。

WP Login